水素入浴剤水素入浴剤

水素入浴剤

初期費用2,500円(税別)
※初回5包お試しセット

水素風呂ポット水素風呂ポット

水素風呂ポット

初期費用138,240円(税別)

水素風呂マシン水素風呂マシン

水素風呂マシン

初期費用198,000円(税別)

おすすめ水素風呂を徹底比較  » 水素風呂おすすめ入浴剤一覧

水素風呂おすすめ入浴剤一覧

水素風呂入浴剤を選ぶときの注意点

「水素水」の健康効果に注目が集まっている中、水素風呂入浴剤にも様ざまな製品が販売されています。そのため、初めて水素風呂を作ろうとする人は、「どの入浴剤を選んだらよいのか」迷うことも少なくないでしょう。

水素風呂入浴剤を購入するには、必ずチェックしておきたいポイントがあります。それは「水素の濃度」「メーカーの信頼度(安全性)」「パッケージ」「香り」などです。

商品によって含まれる水素の量は大きく異なりますから、特にきちんと見ておくべきは「水素濃度」です。

水素濃度をチェックする

水素風呂入浴剤を購入するときは、まず商品データ、いわゆるスペックを見ておくことが大切です。「データが開示されていない」、または「詳しいデータが載っていない」製品は購入を控えた方がいいでしょう。

データの中で一番気になるのは「水素濃度」だと思います。これは水素水中に溶けている水素分子の濃度を表す指標で、「溶存水素」「溶存水素濃度」と呼ばれる場合もあります。

その単位は「ppm(part per million)」で表わされますが、たとえば1ppmとは「1リットルの液体に1mgの水素分子を含む濃度=0.0001%」となります。飲料用の水素水の場合、0.8~1.0ppmの水素濃度があれば十分な効果が期待できるといわれています。しかし、これより高濃度であっても効果に変わりはないそうです。

水素が抜けないパッケージを選択

水素風呂入浴剤のパッケージですが、アルミ製のものを選んでください。というのも、水素は最も小さい気体であるため、ペットボトルやビン、スチール缶では水素が抜けてしまうからです。水素風呂入浴剤、飲料水どちらにおいても、必ずアルミ容器を使った商品を選びましょう。